エボラウイルス病が再び、大流行 東京五輪への影響は?

2019/09/09 18:20

 中部アフリカに位置するコンゴ民主共和国北キブ州周辺で、エボラウイルス病(エボラ出血熱)が大流行(アウトブレーク)している。昨年8月から1年以上続き、今も勢いは衰える気配を見せない。この状況を受け、世界保健機関(WHO)は7月18日に「緊急事態(PHEIC※)」を宣言した。

あわせて読みたい

  • アフリカ感染者が最多更新でも規制解除 市民「歓迎の声」の裏に深刻な貧困状況

    アフリカ感染者が最多更新でも規制解除 市民「歓迎の声」の裏に深刻な貧困状況

    AERA

    7/19

    陰性もエボラ上陸の可能性を示す結果に 日本の感染対策は完璧か!?

    陰性もエボラ上陸の可能性を示す結果に 日本の感染対策は完璧か!?

    週刊朝日

    11/5

  • 空気感染はありえない? エボラの感染力は

    空気感染はありえない? エボラの感染力は

    AERA

    10/20

    サル痘の「異常な広がり」と「濃厚接触」 WHO緊急事態宣言見送りの理由とは

    サル痘の「異常な広がり」と「濃厚接触」 WHO緊急事態宣言見送りの理由とは

    AERA

    6/28

  • なぜ南アフリカがアフリカ最大の観光見本市を開催するのか?/後編 <アフリカン・メドレー>

    なぜ南アフリカがアフリカ最大の観光見本市を開催するのか?/後編 <アフリカン・メドレー>

    アサヒカメラ

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す