日雇い労働者と子どもが…写真家・庄司丈太郎が見た昭和の釜ケ崎

2019/08/22 17:00

 1970~80年代の日本といえば、第2次ベビーブーム世代の子どもたちがすくすくと成長した昭和真っ盛りの時代。大阪・釜ケ崎にもまた、環境をものともせず、元気いっぱいに暮らす子どもたちがいた。

あわせて読みたい

  • 【写真特集】~貧しくても、たくましく~写真家・庄司丈太郎が見た昭和の釜ケ崎

    【写真特集】~貧しくても、たくましく~写真家・庄司丈太郎が見た昭和の釜ケ崎

    8/22

    釜ケ崎、山谷、寿町。日雇い労働者の街の住人を写した作品集 写真家・岸幸太

    釜ケ崎、山谷、寿町。日雇い労働者の街の住人を写した作品集 写真家・岸幸太

    dot.

    3/4

  • 「年賀状くれへんか」 西成のおっちゃんの声拾った“年賀状プロジェクト”とは

    「年賀状くれへんか」 西成のおっちゃんの声拾った“年賀状プロジェクト”とは

    dot.

    12/21

    川崎の「簡易宿泊所」がイメージ一新 女性客や観光客でにぎわう場に

    川崎の「簡易宿泊所」がイメージ一新 女性客や観光客でにぎわう場に

    AERA

    5/27

  • あなたはどの階級? 「格差社会」から「階級社会」に落ちる日本

    あなたはどの階級? 「格差社会」から「階級社会」に落ちる日本

    週刊朝日

    7/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す