ドラフト注目の花咲徳栄・韮沢雄也 全国制覇の夢破れ、「プロ志望届けを出します」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドラフト注目の花咲徳栄・韮沢雄也 全国制覇の夢破れ、「プロ志望届けを出します」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介週刊朝日
試合終了後、スタンドへあいさつに向かう花咲徳栄の選手たち(C)朝日新聞社

試合終了後、スタンドへあいさつに向かう花咲徳栄の選手たち(C)朝日新聞社

韮沢雄也(C)朝日新聞社

韮沢雄也(C)朝日新聞社

 大会屈指の遊撃手、韮沢雄也を擁して2017年以来2度目の全国制覇を目指した花咲徳栄(埼玉)が、初戦で敗れた。11日の全国高校野球選手権大会2回戦で、今春の選抜大会4強の明石商(兵庫)に3―4と競り負け、夢ははかなく消えた。

 プロも注目する相手の2年生エース・中森俊介の対策は万全だった。

「速いボールに負けない。浮いたボールをたたく。実際に打席に入ってみて、打てないボールではなかったんですが」

 強肩を生かした守備と巧みな打撃技術で、今秋のドラフト候補に挙がる韮沢は、そう悔しさをにじませた。

「中森対策」は実行できなかったわけではない。しかし、中森も試合後のインタビューで心がけたと口にした「メリハリをつけたピッチング」に、花咲徳栄打線はあと一本が出なかった。

「(中森投手は)要所を締めてきた」

 韮沢がこう語るように、四回は3連打を浴びせながら、得点は6番・中井大我の押し出し四球の1点のみ。1点差で迎えた六回1死満塁も、三ゴロの間の1点に終わった。韮沢自身も安打と死球で四、六回の好機に絡んだが、後が続かなかった。

「展開は想像していた。競り勝つ練習はしてきた」

 ベンチの雰囲気は良く、最後まで逆転できる自信はあったという。
 1点差の九回、先頭の中井が出塁。続く打者が犠打で1死2塁と、一打同点のチャンスを迎えた。

「打てないボールじゃないぞ」

 韮沢の打順はしばらく回ってこない。ベンチから叫んだ。

 しかし、代打の南大輔、前の打席で本塁打を放った菅原謙伸が倒れ、ゲームセットとなった。

 地方大会では49代表校中トップのチーム打率4割3分2厘を誇り、圧倒的な打力で埼玉大会を勝ち上がってきたが、今大会は3得点に終わった。

「自分がチームを勝たせたかったんですが」

 全国制覇を成し遂げた17年、韮沢は1年生ながらベンチ入り。昨夏はレギュラーとして出場した。最終学年となり、その経験をチームに伝えてきた。だが、昨秋の県大会は3回戦敗退、今春の県大会は準々決勝敗退と、結果が出ずに苦しんだ。

「最初は勝てなくて、つらくて……」

 それでも、今夏の埼玉大会は他チームを圧倒し、5年連続7回目の甲子園出場を決めた。韮沢自身にとっては3年連続の甲子園だった。

「甲子園まで連れてきてくれた監督、仲間に感謝です」

 大学進学は、今は頭にないという。

「プロ志望届を出します」

 中学時代に過ごした新潟を出て、花咲徳栄に入ったのも、プロ野球選手になるため。大会屈指の遊撃手は次の舞台を見つめていた。(本誌・田中将介)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい