【家つまみ】ヨーグルトパスタって何? 夏バテ防止の冷製麺 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】ヨーグルトパスタって何? 夏バテ防止の冷製麺

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ヨーグルトソースの冷製パスタ (撮影/写真部・松永卓也)

ヨーグルトソースの冷製パスタ (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】
ゆでたパスタは氷水でしっかり冷やす(撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】
ゆでたパスタは氷水でしっかり冷やす(撮影/写真部・松永卓也)

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとつまみ」。今回は「ヨーグルトソースの冷製パスタ」。

【ヨーグルトパスタの作り方・ワンポイントアドバイス】

*  *  *
 そうめんでもない。冷やし中華でもない。何か目新しい感じの麺類が食べたい。そんなときってありますよね。

 そこで今回ご紹介したいのが、ヨーグルトソースの冷製パスタです。暑い日は細いパスタ「カッペリーニ」を使うのがおすすめです。製品にもよりますが、ゆで時間がとにかく短い! 火を使うのが約2分でOK? まあ、なんて夏向きな(笑)。

 そしてパスタソースはヨーグルトで作ります。ヨーグルトはザルでしっかり水切りを。そのときヨーグルトからしみ出てくる水分は乳清(ホエイ)といって、とても栄養価が高いのです。どうぞ捨てずに他のお料理に使ってください。私はクリーム煮などに混ぜています。

 カッペリーニとズッキーニはゆで上がったら、氷水で冷やしてください。そしてヨーグルトソースとからめて完成です。

 ヨーグルトのさわやかな酸味、はちみつの甘み、生ハムの塩味が舌の上で絶妙にとけあい、あっというまに食べられますよ。夏はどうしても食欲が落ちてしまいがちですが、食べなければ体がもちません。スルッと食べられる冷たいパスタで暑い夏を乗り切りましょう。

(構成/赤根千鶴子)

■ヨーグルトソースの冷製パスタ
【材料】(1人分) 細めのパスタ(カッペリーニ0.9mm)80g、ズッキーニ1/2本、生ハム4枚、<ソース>ヨーグルト300g、マヨネーズ大さじ3、はちみつ大さじ1、塩・黒胡椒各少々

【作り方】 (1)ヨーグルトをザルにあけ10分ほど置き、軽く水切り。マヨネーズ、はちみつ、塩、黒胡椒とよく混ぜ、味を調える。ズッキーニは5mmの半月切りに。(2)湯1Lを沸かし塩大さじ1を加え、パスタをゆでる。火を止める1分前にズッキーニを加え、パスタの表示時間どおりに火を止める。(3)ボウルに(2)をとり、氷水をはったボウルの上で粗熱をとり、ヨーグルトソースにからめる。(4)器も冷やしてパスタを盛り付け、トッピングに生ハム。

【ワンポイントアドバイス】ゆでたパスタは氷水でしっかり冷やす。

週刊朝日  2019年8月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい