ジャニーさんの名付けに「天才すぎる」 鈴木おさむが力説する理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャニーさんの名付けに「天才すぎる」 鈴木おさむが力説する理由

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ週刊朝日#鈴木おさむ
鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

ジャニー喜多川さんが創業したジャニーズ事務所 (c)朝日新聞社

ジャニー喜多川さんが創業したジャニーズ事務所 (c)朝日新聞社

 最近だと、「SixTONES」というグループが人気ですが、このコラムを読んでいる方たち、読み方わかりますか? テレビ局でもよく「シックスストーンズ」と読む人が多いですが、正解は「ストーンズ」と読みます。表記されてるixどこ行っちゃったの?と思いますよね。書いてあるのに読ませないってどういうこと? ここがまた天才すぎる発想なわけですよ。読めてる人が優越感を感じられるんです。ネット情報によると、当初は「シックストーンズ」という読み方だったそうですが、「ストーンズ」になった。「読みにくいよ」と思うのが普通ですが、読みにくいからこそ流行ったときにはオンリーワンになる。

 いやー、もっと語りたい。僕が23歳のときに、番組プロデューサーから「タイトルが決まったよ。ジャニーさんがつけたんだ」と言われて出された番組企画書には「SMAP×SMAP」と書かれていた。それまで番組タイトルに「×」なんて見たことなかった。あのときの鳥肌、忘れません。

週刊朝日  2019年8月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい