95歳で大作が完成、104歳でCDデビュー…人生を謳歌する匠たち

シニア

2019/07/15 07:00

 年金への不信感が増すこのごろ。人生100年時代は本来素晴らしいことなのに、長生きリスクばかり注目される。そんな不安をはね返すように、年齢に関係なく新しいことに挑戦したり、自分の道を究めようとしたりする人たちがいる。

あわせて読みたい

  • 「愛子さまに一番美しいものを」雅子さまもお忍びで通った 教文館で最後の藤城清治さん影絵展

    「愛子さまに一番美しいものを」雅子さまもお忍びで通った 教文館で最後の藤城清治さん影絵展

    dot.

    9/20

    【写真特集】影絵を通じて皇室と長年の交流がある藤城清治さん 教文館で20年の展示に幕

    【写真特集】影絵を通じて皇室と長年の交流がある藤城清治さん 教文館で20年の展示に幕

    9/20

  • ほんの何秒かで結婚? 邦楽界の重鎮が秘話明かす

    ほんの何秒かで結婚? 邦楽界の重鎮が秘話明かす

    週刊朝日

    9/20

    元ちとせが語る「お酒を飲んで炬燵で亡くなったお兄ちゃんの三味線の音」
    筆者の顔写真

    神舘和典

    元ちとせが語る「お酒を飲んで炬燵で亡くなったお兄ちゃんの三味線の音」

    週刊朝日

    5/7

  • 「夢が今、かなっているのかな」芸者・赤坂よし子の半生

    「夢が今、かなっているのかな」芸者・赤坂よし子の半生

    週刊朝日

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す