“デブ味覚”から“痩せ味覚”へ 特製“出汁”ダイエット (2/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“デブ味覚”から“痩せ味覚”へ 特製“出汁”ダイエット

このエントリーをはてなブックマークに追加
山内リカ週刊朝日#ダイエット#ヘルス
特製出汁の材料。写真上から時計回りに、かつおぶし(30グラム)、昆布(刻む。10グラム)、緑茶(5グラム)、煮干し(10グラム)。これらをミキサーにかけて粉にしたものをお湯に溶いて飲む

特製出汁の材料。写真上から時計回りに、かつおぶし(30グラム)、昆布(刻む。10グラム)、緑茶(5グラム)、煮干し(10グラム)。これらをミキサーにかけて粉にしたものをお湯に溶いて飲む

特製出汁にプラスしたい生薬。目的に合わせて選ぼう

特製出汁にプラスしたい生薬。目的に合わせて選ぼう

「太っている人には、いわゆる“デブ味覚”があるといわれていて、それを痩せている人の“痩せ味覚”に変えることができれば、無理なくダイエットができる、ということ。その味覚をリセットするのに適しているのが、うまみが豊富な出汁なのです」(工藤さん)

 これまで巷を席巻してきた「ある特定のものを食べるだけ」のダイエットは、カロリーの低いものでおなかを満たす方法。対して出汁ダイエットは“デブ味覚を変える”ことで食生活を根本から改善するという画期的な方法だ。

 実際、ジュンさんが最初にオリジナル出汁を飲んだときの感想は、「苦くて、おいしくなかった」。それが翌日には「おいしい」と感じるようになった。

 ほかにもこのダイエットを実践した人からは、「数日間はおいしくなかった」という意見が聞かれたが、味に慣れるにつれておいしさを感じ、それとともに普段の食事の味を濃く感じるようになったそうだ。

「最初に飲んだときに、出汁がおいしいか、おいしくないかで、デブ味覚かどうかがわかる。味覚のバロメーターになっているともいえるでしょう」(工藤さん)

 出汁ダイエットのやり方はしごく簡単。特製出汁を作り、お湯に溶いて毎朝1杯飲むだけ。あとは今まで通りの生活を続ける。

 では、特製出汁の作り方を紹介しよう。

 用意するのは、かつおぶし(30グラム)と煮干し(10グラム)、刻み昆布(10グラム)、緑茶(5グラム)のみ。どの家庭の台所にもある食材でできる。

 作り方もカンタン。かつおぶしと煮干しをフライパンでからいりしたら、すべての材料を一緒にミキサーにかけて粉砕し、パウダー状にするだけ。1回作れば2週間ほど保存が可能。保存容器などに入れて持ち歩きもできるので、職場などにも持っていける。

 かつおぶしや煮干しなどがそろわない場合や、ミキサーがない場合は、市販のだしの素で作ってもOK。かつおぶし粉6:煮干し粉2:昆布粉2:粉茶1の分量で混ぜ合わせればいい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい