ワンチャンの強さ! 丸山茂樹が池田勇太に「イキのいいゴルフを」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ワンチャンの強さ! 丸山茂樹が池田勇太に「イキのいいゴルフを」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

勇太、立派だよ (c)朝日新聞社

勇太、立派だよ (c)朝日新聞社

 ゴルファーの丸山茂樹氏は、歴代2位タイとなるツアー連続優勝11年を記録した池田勇太選手を称賛する。

【写真】優勝した池田勇太選手

*  *  *
 国内男子ツアーの「ミズノオープン」(5月30日~6月2日、茨城・ザ・ロイヤルGC)は、33歳の池田勇太が優勝しました。去年の9月以来の優勝で、連続優勝記録を11年に伸ばしました。

 すごいですね、立派ですね。今年は思うようなゴルフができてない中、何かのきっかけで3日目に爆発してトップに立って、そのまま逃げ切るという。ワンチャンをものにできる強さってのも、すごいですね。

 これで永久シード権獲得の25勝まで四つになりました。まだ若いし、そこは余裕でクリアしていくでしょうけど、僕からしてみると、勇太はもっと上にいける。ワールドランキングも常に安定したところにいるようなスーパープレーヤーでいてもらいたいと思うんです。

 これを機に、シーズン後半に向けてまたいいゴルフをして、ワールドランキングで来年のマスターズも行ってもらってね。東京オリンピックの日本代表の椅子をキープしてもらいたいと思いますけどね。そっちの方が大事です。

 彼とは3年前、リオデジャネイロのオリンピックに一緒に行きました。国を代表する選手になるってことの重要さをね、よく分かってますから。リオが終わったあとに、そういったことに関しての長いメールをもらいました。あのときの気持ちをずっとどこかに持ってると思うので、間違いなく東京オリンピックに向けての目標も立ててるはずです。

 ツアーの連続優勝が11年になって、歴代2位タイなんですね。トップがジャンボ(尾崎将司)さん(72)の15年ですか。なるほど。でもまあ、そんなとこじゃなくてね。そんな記録なんかは別にいいじゃないですか。日本人はやたら記録、記録ってこだわるんですけど、もちろん記録も大事かもしれないけど、「らしい」ゴルフをずっとしててほしいですよね。

 11年も最前線で活躍してると、いろんなことが起きてくるのがスポーツの難しさでもあるんですよ。だから記録どうこうでプレッシャーなんか感じることなく、イキのいいゴルフを、ファンに見せてもらえたらいいんじゃないかと思いますけどね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい