引きこもり長男を10か所以上、刺す 元事務次官「川崎のような事件を起こしたら…」と供述 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

引きこもり長男を10か所以上、刺す 元事務次官「川崎のような事件を起こしたら…」と供述

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
送検される熊沢英昭容疑者=2019年6月3日午前8時27分、警視庁練馬署 (c)朝日新聞社

送検される熊沢英昭容疑者=2019年6月3日午前8時27分、警視庁練馬署 (c)朝日新聞社

熊澤英一郎さんのものと思われるTwitterより

熊澤英一郎さんのものと思われるTwitterより

熊澤英一郎さんのものと思われるTwitterより

熊澤英一郎さんのものと思われるTwitterより

 と身元を明かし、<中2の時、初めて愚母を殴り倒した時の快感は今も覚えている>

<もし殺人許可をもらったら真っ先に愚母を殺すな>とも記していた。

 さらに<母親あるいは父親を殺すと自分も消えるという王道ストーリーはないのか>と家庭内暴力をうかがわせる書き込みを繰り返していた。

 そして、両親との関係については、<勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持て>と記し、特に母親に反感を抱いていたようで、<自分の犯した罪の大きさを思い知れ。貴様の葬式では遺影に灰を投げつけてやる>とも記していた。

 前出の捜査関係者はこう話す。

「英一郎さんは、5月に実家に戻る前も、アパートで引きこもりのような生活をしていたようだ。熊沢容疑者はSNSを通じてしか、英一郎さんと連絡をとることしかできなかった。

 熊沢容疑者はSNSの書き込みの内容も把握していたそうで、そこに川崎事件が起こった。事件にショックを受け、犯行に拍車をかけたかもしれません」

 動機の解明が待たれる。(取材班)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい