原田龍二が会見で不倫を謝罪【全文】 性欲を控えられなかった「助さん」 (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

原田龍二が会見で不倫を謝罪【全文】 性欲を控えられなかった「助さん」

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日
神妙な面持ちで会見する原田龍二(撮影・秦正理)

神妙な面持ちで会見する原田龍二(撮影・秦正理)

会見前の収録観覧には応援メッセージを掲げるファンの姿も(撮影・秦正理)

会見前の収録観覧には応援メッセージを掲げるファンの姿も(撮影・秦正理)

「ガンバレ原田」と書いた応援色紙を手にする人も(撮影・秦正理)

「ガンバレ原田」と書いた応援色紙を手にする人も(撮影・秦正理)

 複数の女性との“マイカー不倫”が5月30日発売の週刊文春で報じられた俳優の原田龍二(48)が31日午後6時半から東京都内で記者会見を開き、女性2人と不倫したことを認めて謝罪した。

「ガンバレ」という応援メッセージを掲げるファンの姿も

 他にも複数のファンとメッセージのやり取りをしていたことを明かすなど、赤裸々に「自白」した。

 紺色のスーツとネクタイで会見場に登場した原田は、時代劇「水戸黄門」で助さんを演じたことで知られる。最近では、その肉体を生かしてバラエティーで活躍するなど人気があった。

 だが、騒動を受けて、出演予定だった31日放送のNHK旅バラエティー「にっぽん ぐるり えぇとこ」は急きょ差し替えに。所属事務所によれば、6月1日に金沢市である百万石祭りを中継する石川テレビへの出演も取りやめになったという。

 また、妻に「こんな馬鹿な亭主でごめんなさい」と謝罪すると、「馬鹿!」と言われたことも明かした。

「僕は本当に落ち込んでいたものですから……。本当によくできた妻で、『原田アウト』と、励ましのつもりだったかはわからないですが、そう言ってくれました」

 離婚については否定した。

 原田は会見の間、終始消え入りそうな声で話し、何度も「申し訳ありません」と繰り返した。一方で、「オファーをいただければ何でもやります」と芸能活動については続けるとした。

 会見の主な一問一答は、次の通り。

「お忙しい中お集まりいただきまして、ありがとうございます。このたびは私、原田龍二が軽率な行動により常日頃から応援してくださっているファンの皆様、スポンサーを始め関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしたこと、誠に申し訳なく思っております。申し訳ありませんでした。そして、妻と2人の子供に悲しくつらい思いをさせてしまったことを深く反省しております」

―——家族会議が開かれたという話もありましたが。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい