TAKAHIRO、堀北真希さんに恥ずかしがる そのワケは? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

TAKAHIRO、堀北真希さんに恥ずかしがる そのワケは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
TAKAHIRO(たかひろ)/1984年、山口県下関市生まれ、長崎県佐世保市育ち。EXILEのヴォーカル。2012年に、GLAYのHISASHIらとともにACE OF SPADESを結成し、翌年にはソロ活動も開始。14年からは俳優にも挑戦。新作主演映画「僕に、会いたかった」(錦織良成監督)では、記憶喪失の主人公を熱演。5月10日から全国ロードショー (撮影/写真部・片山菜緒子)

TAKAHIRO(たかひろ)/1984年、山口県下関市生まれ、長崎県佐世保市育ち。EXILEのヴォーカル。2012年に、GLAYのHISASHIらとともにACE OF SPADESを結成し、翌年にはソロ活動も開始。14年からは俳優にも挑戦。新作主演映画「僕に、会いたかった」(錦織良成監督)では、記憶喪失の主人公を熱演。5月10日から全国ロードショー (撮影/写真部・片山菜緒子)

TAKAHIRO (撮影/写真部・片山菜緒子)

TAKAHIRO (撮影/写真部・片山菜緒子)

 王子様のようなルックスに、180センチの高身長。スターのオーラをまといながらも、気取ったところがまるでないのも大きな魅力です。EXILEのヴォーカル、TAKAHIROさんの今に、作家・林真理子さんが迫ります。

【写真】登坂広臣と華麗なツーショット!週刊朝日の表紙を飾ったTAKAHIRO

*  *  *
林:TAKAHIROさんはオーディションでEXILEに参加したんですよね。

TAKAHIRO:はい。僕は歌の学校も行ってないですし、オーディションで受かった馬の骨みたいな感じです(笑)。

林:オーディションに応募したのは何人ぐらいだったんですか。

TAKAHIRO:約1万人です。プロ、アマ問わずのオーディションで、各地で開催していたのですが、僕は第1次選考を東京会場で受けました。いろいろなタイプの方が受けに来ていましたね。

林:すごそう……。

TAKAHIRO:地方(山口県生まれ、長崎県育ち)から東京に出てきた田舎者として、「ナメられたくない」みたいなところと、EXILEのヴォーカルの座を勝ち取りたいという想いもあったので、張り合っていたのかもしれないですけど、全員がそうだったと思うので、あのときは会場がちょっと異様な空気になってましたね。

林:オーディションでは最終的に何人ぐらい残ったんですか。

TAKAHIRO:6人残って、最終オーディションが武道館だったんです。大勢のお客さんの前で歌うのが最終オーディションだったという。

林:ほぉー、お客さんの反応を見て決めたんですね。

TAKAHIRO:そうです。リハーサルもEXILEメンバーと一緒にやって、一つのライブとして成立させて、その中から一人が決まるという。

林:そのときの緊張たるやすごかったでしょう。武道館だし。

TAKAHIRO:もう下半身の感覚がなかったですね。武道館ってすり鉢状で、お客さんがいっぱい入ってるんですけど、全員が近いんです。見たことない光景でした。

林:で、結局、優勝してEXILEの新メンバーになったわけですね(2006年)。メンバーの皆さんとは、会ってお食事したりお酒飲んだりするんですか。

TAKAHIRO:そうですね。あとはメンバー会議といって、メンバーと主要スタッフが集まって、月に2回ぐらい会議をするんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい