「結婚の儀」から26年――新天皇即位、「令和が始まる」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「結婚の儀」から26年――新天皇即位、「令和が始まる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子,鮎川哲也週刊朝日#皇室#雅子様
(c)朝日新聞社

(c)朝日新聞社

 海辺でほほえむご一家の笑顔に、家族の強い絆が伝わってくる。

 1993年6月9日、おふたりは「結婚の儀」にのぞんだ。

 皇室という、日本最古の旧家の長男として生まれた皇太子さまは、時代を象徴するような、外交官のキャリア女性を人生の伴侶として決めた。

 87年に外務官僚になった雅子さまは、前年に施行された男女雇用機会均等法の第一世代。ハーバード、東大、オックスフォードという学歴に、「全力でお守りします」という「プリンス」からのプロポーズ。

 外交官からプリンセスへの華麗な転身物語に、国民は酔いしれた。

 しかし、皇室の伝統やしきたり、跡継ぎへの期待に対して、雅子さまは次第に、重圧を感じるようになる。

 結婚11年目の2003年に、雅子さまは、「適応障害」による療養生活にはいった。

 いまも雅子さまの体調に、劇的な回復はない。それでも、公務はすこしずつ増え、笑顔を見せる機会も多くなってきたと世間も感じている。

 おふたりは、59歳と55歳で令和の天皇、皇后となる。

 ご夫妻の歩んできた人生の深みと重みが、新たな皇室像を形づくる。

(文/本誌・永井貴子、構成/本誌・鮎川哲也)

週刊朝日  2019年5月3日‐10日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい