東邦の石川、星稜の奥川、横浜の及川、智弁和歌山の東妻 夏の甲子園は戦国時代 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東邦の石川、星稜の奥川、横浜の及川、智弁和歌山の東妻 夏の甲子園は戦国時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日
東邦の石川昂弥

東邦の石川昂弥

星稜の奥川恭伸

星稜の奥川恭伸

横浜の及川雅貴

横浜の及川雅貴

 東邦(愛知)の優勝で幕を閉じた春の選抜高校野球。甲子園で躍動した選手たちを振り返ると、夏の大混戦を予感させる逸材が数多くいた。

【星稜の奥川恭伸、横浜の及川雅貴はこちら】

 甲子園で2千試合以上を取材・観戦するスポーツライターの楊順行氏は、まず怪物投手の名を挙げた。

「星稜(石川)の奥川恭伸は強烈な印象を残しました。初戦の履正社(大阪)戦で17奪三振と、大会ナンバー1投手の期待にたがわぬ圧巻の投球。文句なしの活躍でした」

 優勝候補にも挙げられていた星稜は、準優勝の習志野(千葉)に2回戦で敗れるも、奥川はその試合でも10奪三振。夏でのさらなる進化を期待させた。

 奥川と双璧を成すと言われた横浜(神奈川)の好左腕・及川雅貴は、初戦で連続四球から打ち込まれ敗退。とはいえ、評価は変わらない。

「崩れると立て直しが効かないとよく言われますが、これはストライクという球がボールになるなど、今回は辛い判定に泣かされた。不運だったと思います。実力に疑いはなく、夏でのリベンジを期待したい」

 頂点に立った東邦の石川昂弥も夏に期待したい選手の一人だ。大会を通して、投げては全5試合に先発し、1完封含む3完投。打っては3本塁打と、平成元年以来30年ぶり、最多5度目の優勝に貢献した。

「右手のリストが強く、決勝での2本塁打はいずれも右方向。強打者ぶりを見せつけました」

 石川は“二刀流”として脚光を浴びたが、投手を兼任するようになったのは昨秋のことだという。

「捕手に聞けば、投手を始めてすぐにインコースにバンバン投げ込んでいたと。普通であれば、インコースに投げられるまでに時間を要するんですが、センスは当然ながら、度胸も満点なんでしょう。ただ、本人は『やっぱり打つ方が楽しい』そうですが」

 そのほか、智弁和歌山の捕手・東妻純平は、プロの技を思わせる強肩が印象に残ったという。

「ソフトバンクの“甲斐キャノン”を彷彿とさせる牽制を見せて球場を沸かせました。彼は今春で甲子園の舞台は4度目。夏に5度目の甲子園があるか、注目です」

 もちろん、選抜に出場していない選手にも見逃せない逸材は多い。

「奥川、及川に加え、高校ビッグ4と呼ばれる創志学園(岡山)の西純矢、大船渡(岩手)の佐々木朗希が、どう夏を勝ち抜くか。そして、スーパー中学生として話題になった150キロ投手の森木大智は高知に進学しました。早々に表舞台に出てくるかも含め、興味は尽きません」

 夏には元号が令和になって最初の甲子園、第101回選手権大会が待っている。きら星がめじろ押し、群雄割拠の大会が期待される。
(本誌・秦正理)


※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい