NHK朝ドラの広瀬すず 「乗馬が天才的」高すぎる前評判 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NHK朝ドラの広瀬すず 「乗馬が天才的」高すぎる前評判

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日#ドラマ
広瀬の“天才的な”乗馬にも注目(NHK提供)

広瀬の“天才的な”乗馬にも注目(NHK提供)

 記念すべき100作目の朝ドラ「なつぞら」が4月1日にスタート。

 広瀬すずがヒロインの奥原なつを演じる。戦争孤児となり、引き取られた先の北海道で幼少期を過ごしたなつが、上京してアニメ業界へ飛び込み奮闘する物語だ。広瀬の魅力について、上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)は熱っぽく語る。

【可愛すぎる! 広瀬姉妹のツーショットはこちら】

「作り物ではない、天性の明るさは朝ドラ向き。何も言わなくても笑顔が画面に映るだけで、その日は幸せな気分でスタートできる。理屈抜きの無敵な笑顔は朝ドラヒロインの“真打ち登場”という気がします」

 天真爛漫さは撮影現場でも健在、とNHK制作統括の磯智明氏は語る。

「ベテラン俳優陣に囲まれて、持ち前の明るさでかわいがられています。北海道ロケでオフの日に皆さんで食事に出かけるなど、物語とリンクして本当の家族ができあがっていくような、和やかな空気があります」

 当初の舞台となる昭和20年代の北海道・十勝は馬が主な移動手段。広瀬は乗馬の腕前で周囲を驚かせたという。

「広瀬さんは横浜で3回ほど、2時間の乗馬練習をしただけで乗りこなしていたんです。天才的なところがあると感じました」(磯氏)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい