赤ちゃんの百日咳は死亡リスクも 予防するには?

ヘルス

2019/04/08 11:30

 東京都感染症情報センターによると、百日咳(ひゃくにちぜき)の報告数が2018年より増加傾向にあります。報告制度が変わったこと、診断方法がよくなったという影響も考えられますが、より正確な流行状況がわかるようになったことは確かでしょう。主な感染者は小学生の子どもとその親世代です。ワクチンの普及や医療の発達により、重症化の危険性がある赤ちゃんの感染は昔よりも減少しました。しかし、百日咳は大人から赤ちゃんへも感染します。大人の百日咳が増加する現代、生まれてくる大切な命を守るためにできることはなんでしょうか。東京都立小児総合医療センターで感染症科医長を務める堀越裕歩医師にお話を伺いました。

あわせて読みたい

  • 急増する大人の百日咳 知らぬ間に感染源になる危険

    急増する大人の百日咳 知らぬ間に感染源になる危険

    週刊朝日

    4/11

    インフルエンザだけじゃない! 妊娠中に接種しておきたいワクチンとその効果とは?
    筆者の顔写真

    森田麻里子

    インフルエンザだけじゃない! 妊娠中に接種しておきたいワクチンとその効果とは?

    dot.

    1/23

  • 報告数1万人超えの「百日咳」 成人後の再発が急増…決定的な理由
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    報告数1万人超えの「百日咳」 成人後の再発が急増…決定的な理由

    dot.

    8/28

    世界中から「予防接種を決めた」 百日咳ワクチン未接種で息子を失った母親が伝えたいこと

    世界中から「予防接種を決めた」 百日咳ワクチン未接種で息子を失った母親が伝えたいこと

    AERA

    1/21

  • インフルエンザ予防接種シーズン到来 高齢者だけでなく子どもたちにも強く推奨を!
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    インフルエンザ予防接種シーズン到来 高齢者だけでなく子どもたちにも強く推奨を!

    dot.

    10/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す