クリスタル・ケイ「一番ゾクゾクする」ライブの妄想とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クリスタル・ケイ「一番ゾクゾクする」ライブの妄想とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日
クリスタル・ケイ/1986年生まれ。神奈川県出身。99年歌手デビュー。「Boyfriend -partII-」「恋におちたら」などのヒット曲でブレーク。ニューヨーク留学、韓国留学などを経て、昨年は、ビルボードやブルーノートでのライブも成功させた(撮影/加藤夏子・写真部)

クリスタル・ケイ/1986年生まれ。神奈川県出身。99年歌手デビュー。「Boyfriend -partII-」「恋におちたら」などのヒット曲でブレーク。ニューヨーク留学、韓国留学などを経て、昨年は、ビルボードやブルーノートでのライブも成功させた(撮影/加藤夏子・写真部)

 ミュージカルは初挑戦だが、20年間、歌手としての彼女の主戦場はライブだった。本番前はかなり緊張するけれど、ステージの上に立って、目の前にいる人たちとエネルギーが混ざっていくようなライブ独特の感覚は、人一倍経験している。

「昔からずっと、“歌でつながれる人になりたい”って思っていました。民族とか言語とか関係なく、エネルギーを手渡し合えるのが音楽。だから私の夢は、音楽でいろんなものをつなぐ架け橋になることです。普段から妄想が大好きなんですけど、一番ゾクゾクするのが、全然言葉の通じない国でライブをやっていて、その国の人たちが、一緒に歌ってくれている、そんなシーンを思い描くとき。妄想なのに、“音楽ってすごい!”って思うんです」

(取材・文/菊地陽子)

週刊朝日  2019年3月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい