桜田五輪相に「服からして政治家としてアウト」 ドン小西が苦言 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桜田五輪相に「服からして政治家としてアウト」 ドン小西が苦言

このエントリーをはてなブックマークに追加

桜田義孝(五輪担当相)/1949年、千葉県生まれ。柏青年会議所理事長、柏市議、千葉県議を経て、96年の衆院選で初当選。2018年、東京五輪・パラリンピック担当相として初入閣=2月13日の衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子選手が病気療養に入ることを受け「がっかりしている」などと発言したことを謝罪 (写真=岩下 毅 朝日新聞社)

桜田義孝(五輪担当相)/1949年、千葉県生まれ。柏青年会議所理事長、柏市議、千葉県議を経て、96年の衆院選で初当選。2018年、東京五輪・パラリンピック担当相として初入閣=2月13日の衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子選手が病気療養に入ることを受け「がっかりしている」などと発言したことを謝罪 (写真=岩下 毅 朝日新聞社)

 2月13日の衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子選手が病気療養に入ることを受け、「がっかりしている」などと発言したことを謝罪した桜田義孝五輪担当相。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。

*  *  *
 昭和の時代、そこらへんにけっこういたいいかげんなおじさんの、生きた化石みたいな人だよね。世の中も大きく変わったよ。今は政治家といえど、マーケティング能力に長(た)けていて、世間を器用に渡っていける人しか表舞台に出てこられない。この人みたいに、空気も世論も読めないような人とは、正反対のタイプだよ。

 服からして政治家としてアウト。浮きまくりの緑の超細身のネクタイとか、この寒いのに夏物っぽいしわくちゃスーツとか。極めつきはワイシャツの襟。スーツからピンピン飛び出して、だらしないにもほどがある。立場にふさわしいネクタイひとつ選べない人が、政治なんてできないって。

 しかもこの日は、国民の注目が集まった国会だろ。ツッコんでくださいと言わんばかりの格好を、わざわざしてきたのかね。この人の周りには、事前にスーツをチェックしたり、発言をチェックする人がいないのも、問題だよね。前も言ったけど、時代は振り子。平成の次の時代は、意外にこの手のおじさんがリバイバル……いや、彼に限っては、あるわけないっつーの!

(構成/福光恵)

週刊朝日  2019年3月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい