「人生で大事なことは、ゾンビが教えてくれる」? TVウォッチャーの結論 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「人生で大事なことは、ゾンビが教えてくれる」? TVウォッチャーの結論

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 このドラマのゾンビには、人間だった頃の習性が残っている。ゾンビ化したコンビニ店員・神田くん(渡辺大知)は、「お客さんだよ」と告げると、白濁した瞳がキュルルンと正気に戻る。そして、神田くんにかまれてゾンビ化していくゲス夫が、最後につぶやく思い出。

「客がいつも俺たちしかいない定食屋に行こう。お前が好きな変なTシャツ売ってるあの店に行こうよ」

 それは全部、妻みずほとの思い出だった。ゾンビに囲まれるという非日常に置かれたからこそ、見えてくる真実。

 そう、すべてのドラマにゾンビがいたら、何事もスッキリするにちがいない。教師が生徒を人質にしなくたって、正々堂々と教室に立てこもれる。後妻業の女に狙われても、標的のじいさんがゾンビ化して死なず、遺産を奪われないから大丈夫。科捜研の男は、検視した遺体にかまれて終了。ハケン占い師も占ってる場合じゃない。

 ドラマの冒頭では「いつ死んでもいい」が口癖だったみずほは、ふと気づく。

「私、なぜだか死にもの狂いで生きている。生きることにしがみついている、はっきりと」と。

 人生で大事なことは、きっとゾンビが教えてくれる。

週刊朝日  2019年2月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい