大沢在昌史上“最高のSF度” 女性刑事が並行社会で謎に迫る『帰去来』

読書

2019/01/26 10:00

 SF翻訳家・書評家の大森望氏が選んだ“今週の一冊”は『帰去来』(大沢在昌著、朝日新聞出版 1800円※税別)。

あわせて読みたい

  • 2月号文芸評論家 北上次郎 Kitagami Jiro大沢在昌がSFの世界に帰ってきた

    2月号文芸評論家 北上次郎 Kitagami Jiro大沢在昌がSFの世界に帰ってきた

    2/1

    大沢在昌さんの最新作『帰去来』生原稿を400名にプレゼント!!40周年記念企画として

    大沢在昌さんの最新作『帰去来』生原稿を400名にプレゼント!!40周年記念企画として

    11/30

  • Zoom選考会でズボンはかず…オンラインのメリットとデメリット
    筆者の顔写真

    黒川博行

    Zoom選考会でズボンはかず…オンラインのメリットとデメリット

    週刊朝日

    2/4

    かわいいのは舞妓、きれいなのは? 作家・黒川博行の1週間
    筆者の顔写真

    黒川博行

    かわいいのは舞妓、きれいなのは? 作家・黒川博行の1週間

    週刊朝日

    2/6

  • 7月号書評家 大森望 Ohmori Nozomiフォーサイスばりの謀略サスペンス

    7月号書評家 大森望 Ohmori Nozomiフォーサイスばりの謀略サスペンス

    7/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す