今年も「第三者委員会」が続々? 一之輔「依頼の電話から面倒臭そう」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年も「第三者委員会」が続々? 一之輔「依頼の電話から面倒臭そう」

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「第三者委員会」。

【今週のお題のイラストはこちら】

*  *  *
 2018年、いくつの『第三者委員会』が設置されたのだろう。『第三者委員会』、もう流行語の域である。しかし、我々世間がその調査報告・処分決定に納得することは少ない。偏りや忖度のいっさいない『第三者委員会』は難しいのか。そもそも『第三者委員会』の『第三者委員』は、渦中の当事者が選ぶのか。じゃ厳密に言えば、その時点で『第三者』じゃないよな。『第三者』を選ぶ『第四者』が要るんじゃないか? きりがない。

 利害関係も交わりもいっさいない、微塵の妥協も許さない完全無欠の『第三者』を集めればいいのだろうが、まず依頼の電話から面倒臭そう。

担当者「もしもし、実はこのたび弊社の○○問題解決のため『第三者委員会』を設置することになりまして、貴殿に委員をお願いしたく……」

委員候補「え? なぜ私?」

担「△△様のこの分野での御見識はかねて存じております。何卒お力をお貸し頂けませんでしょうか?」

委「あと誰に頼んでいますか?」

担「(数名挙げて)……でございます」

委「それ候補者全員に同時に一斉電話しているんですか?」

担「え? いや……□□様から順番に。△△様は5番目です」

委「5番目? 御社はその依頼順の決定に際し、何を判断材料にされているんでしょうか?」

担「(面倒臭えな)申し訳ありません」

委「いや、別に5番目であることに怒っているワケじゃないんです。ただ1番に依頼する方と5番目の私の間にはどんな差があるのかと。もしその差が仮に“御社との関わりの度合い”であったとしたら、『第三者委員会』の根幹を揺るがすことになるのではないかと危惧しているのです。いや……まだ設置されていませんが、仮にされても、依頼順の理由が納得いかない限り『第三者委員』間の不信感も募り、問題解決のメスが鈍ることにもなりかねません」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい