自民党・二階幹事長交代!? 混迷の参院選候補者調整 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自民党・二階幹事長交代!? 混迷の参院選候補者調整

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#安倍政権
自民党の二階俊博幹事長(右) (c)朝日新聞社

自民党の二階俊博幹事長(右) (c)朝日新聞社

 自民党が来夏の参議院選挙で擁立する候補者の選定が、山梨、愛媛、沖縄などで、いまだ決まらず、遅れに遅れている。それというのも、肝心要の二階俊博幹事長(79)がインフルエンザと高血圧の症状で入院、2週間の不在が続いたため。一時は「重病」説が流れ、永田町では幹事長交代かと噂が騒がれた。

 公認候補については「幹事長の許可がないと決定できませんので、システム上は公認待ちになっている状態です。そんなに重篤な病状ではないのではないでしょうか」(自民党関係者)

 公認が遅れてしまっている選挙区のそれぞれの事情を探ると──。

「『山梨』は現職の森屋宏氏に知事選出馬を求める声があり、これを断ったようで時間がかかっています。『愛媛』は党副幹事長の井原巧氏がいますが、まだ公認がされていない。『沖縄』は今年9月の知事選の敗北からまだ決めかねている状態です」(同)

 とりわけ、副幹事長の井原巧参議院議員の地元である愛媛選挙区(改選数1人)は、揉めているという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい