ZOZO賞金11億でゴルフ人気出るか? 丸山茂樹は期待 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ZOZO賞金11億でゴルフ人気出るか? 丸山茂樹は期待

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

ありがたい話です (c)朝日新聞社

ありがたい話です (c)朝日新聞社

 いやあ、驚きました。米PGAツアーの試合が初めて日本で開催されることになりました。来年の秋からの新規大会「ZOZOチャンピオンシップ」です。

【写真】記者会見には前澤社長、青木功氏、松山英樹らが登場!

 ファッションの通販サイトを運営する株式会社ZOZOが冠スポンサーを務めてくださるとのことで、契約は6年だそうです。賞金総額は975万ドル(約11億円)で、優勝賞金が175万ドル(約2億円)。文句なしの国内史上最高額。すごいですねえ。

 世界のトッププロが日本のギャラリーの目の前でプレーしてくれるってことは、ゴルフ人気に火を付ける一つの発火剤になるんじゃないですか。僕らの業界としては、ほんとにありがたいお話ですよね。いま話題の前澤友作社長(43)がゴルフ好きで、手を挙げてくれたんですね。アメリカやヨーロッパへ観戦に出かけることもあるそうです。

 前澤さんのコメントで「ゴルフは自分の父と自分の子どもと、3代にわたって一緒にプレーできる。コミュニケーションのツールになる」っていうのがあって、ほんとにありがたい話だなと。僕らもいろんなところでそういう話をさせてもらうものの、メディアを通じて第三者の方に伝わるってことがなかなかないですから。でも、前澤さんみたいな影響力のある人が言うと違う。なるほどな、と思ってくれる人も増えていくんじゃないですか? 初回は千葉での開催ですか、楽しみですね。

 さて、国内男子ツアーの「カシオワールドオープン」で、41歳の近藤智弘が2年ぶりに賞金シード復帰を果たしました。腰痛の影響もあってシード落ちしましたけど、最短で戻れたのは大きな自信になったんじゃないでしょうか。この一年で新しく手にしたものがあるんでしょうから、そのへんを生かして、また長期にわたってシードを維持できるようなゴルフをしてもらいたいですよね。

 腰痛はね、原因不明のものが非常に多いんですよね。

 僕が悩んできた左手親指付け根の慢性亜脱臼もそうで、あらゆる治療を試した末に「モヤモヤ血管治療」に行き着いて。瓶のキャップが回せなかったり、爪が切れなかったりができるようになりました。近藤もそういうのが見つかったんじゃないでしょうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい