斎藤工は“ドM”? さんま役で滑りまくりも終始幸せそう (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

斎藤工は“ドM”? さんま役で滑りまくりも終始幸せそう

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「誰も知らない明石家さんま3時間SP」(日本テレビ系 11月25日19:00~)をウォッチした。

【斎藤工&剛力彩芽のイラストはこちら】

*  *  *
 なぜかしら、日本テレビの明石家さんま特番。彼の恋愛エピソードをドラマ化するんだけど、そのさんま役が、揃いも揃ってイケメンなんである。

 若き日のさんまをドラマ化した「小岩青春物語~きみといた街角~」のさんま役は、菅田将暉。

 高校時代を舞台にした「ずっと笑ってた」のさんま役は、北村匠海。

 そして、大竹しのぶとの出会いと別れを描いた今回の「さんまのいちばん長い日」は、斎藤工だ。しのぶ役はジジ殺しならぬゾゾ殺し(?)こと剛力彩芽なんである。

 前2作は青春ものなので、「さんまイメージ」とかけ離れていても、別物として見れたけど。今回は、芸人さんまのド真ん中時代。なのに斎藤工は、関西弁を一切しゃべらないときた。

 さらに「ヒャッヒャッ!」という引き笑いが、わざと?てくらい下手なのだ。標準語のイケメンボイスで、引き笑いもアウトなら、それもうただの斎藤工である。

 そもそも、さんまとしのぶが離婚会見前、控室にいる場面。しのぶ役の剛力のセリフが「次はお笑い芸人じゃなくて、月に行っちゃうような優しい社長さんと出会いたいな」なんだから。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい