地下10mで“完全自動化”も 「植物工場」最前線 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

地下10mで“完全自動化”も 「植物工場」最前線

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地武顕週刊朝日
地下10mにある「完全自動化」無人工場 (撮影/東川哲也・写真部)

地下10mにある「完全自動化」無人工場 (撮影/東川哲也・写真部)

 毎年のように異常気象に見舞われ、農作物に大きな被害が出ている。後継者問題ものしかかり、かつてない危機に瀕している日本の農業。存亡のカギを握る植物工場の最前線をルポする。

【写真特集】まさに近未来!植物工場最前線

「昔は農家の方も若く、異常気象で被害にあっても『なにくそ!』とすぐにまた生産に向かったものです。でも高齢化した今は、気象災害を機に農業自体をやめる人も出てきています」

 千葉大学大学院園芸学研究科の丸尾達教授はそう嘆きつつ、植物工場こそがこの問題を解決すると力説する。

「人工的な環境ですから気象に影響を受けません。都市近郊に工場を造って安定した収入を保証すれば、若者が働きだすことでしょう。消費地に近いので、輸送費を減らせるというメリットもあります」

 日本では1980年頃から植物工場の研究が始まった。2000年代前半には多くの事業者が乗り出したが、撤退するケースも多かった。

「儲かるかどうかわからないため小規模な工場で始めたので、事業性が高くなかったからです。最近はLEDを使うことで電力消費量を抑えられるうえ、立体的に作物を並べられるようになり、生産性が飛躍的にアップ。工場のための専用品種開発も行われています。日本の技術は、欧米や中国より10年進んでいるんです。これを生かす形で今、研究開発に投資をすれば、農業環境が一気に変わる可能性があります」

■毎日レタス2万株を生産 規模の大きさで価格を下げる
808FACTORY(静岡県焼津市)

 立体的に並べられた発泡スチロール製のパネル。それぞれにレタスが12株植えられている。朝9時、青い作業着、マスクと帽子、手袋に身を包んだ従業員が、最下段手前のパネルのものから根元を切り始める。これこそが植物工場での収穫。レタスの生育には通常3カ月以上かかるが、大気中の数倍の二酸化炭素とLEDにより光合成を促す工場内では、わずか35日ほどで生育する。常に同じ条件で育てられているため大きさはほぼ一定なうえ虫もつかないので、選別も楽。収穫され別室に運ばれると、あっというまに梱包して出荷される。その数、1日2万株! 収穫した量と同じだけのパネルが苗室から新たに運ばれて、最上段にセットされる。翌朝9時に同じ作業が始まるのだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい