ジュリーの横でベース、俳優として樹木希林さんのもとで…岸部一徳の“人生の転機” (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジュリーの横でベース、俳優として樹木希林さんのもとで…岸部一徳の“人生の転機”

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶週刊朝日
岸部一徳(きしべ・いっとく)/俳優。1947年、京都府出身。67年にグループサウンズ「ザ・タイガース」のベーシストとしてデビュー。71年に解散後、俳優の道へ。「死の棘」(90年)で第14回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。「いつか読書する日」(2005年)、「北の桜守」(18年)など、さまざまな映画に出演。テレビ出演作も「相棒」「医龍」「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズなど多数。最新映画「鈴木家の嘘」は11月16日から公開。(撮影/加藤夏子)

岸部一徳(きしべ・いっとく)/俳優。1947年、京都府出身。67年にグループサウンズ「ザ・タイガース」のベーシストとしてデビュー。71年に解散後、俳優の道へ。「死の棘」(90年)で第14回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。「いつか読書する日」(2005年)、「北の桜守」(18年)など、さまざまな映画に出演。テレビ出演作も「相棒」「医龍」「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズなど多数。最新映画「鈴木家の嘘」は11月16日から公開。(撮影/加藤夏子)

 誰かのちょっとした行動で、別の人の運命が変わっていく。いま振り返るとおもしろいですね。

――だが71年、人気絶頂のときにザ・タイガースは解散。岸部は人生の転換期を迎える。

 次にどうするか何も決めていなかったですが、とにかく「解散しないと先に進めない」という感じで。僕はその後、井上堯之バンドで沢田研二のバックバンドをやったりしていましたけど、そのうちに自分が音楽をどのくらい勉強してるか、才能があるのかを考え出したんです。

 考えてみると勉強はしていないし、才能があるかといえば、そんなにないな、と。結婚して家庭を持つ前に音楽をやめるならやめないと、という気持ちもありました。

 で、思い切って音楽をやめた。やはり、大きい岐路といえば、音楽をやめて、俳優のほうに変わったときですね。

 そのとき、「ならば、俳優をやったらどう? 樹木希林さんの事務所に入れてもらったら?」と言ってくれた人がいたんです。希林さんと大楠道代さんが2人でやっている事務所だったので面接ではいろいろ聞かれました。

 主に「生活は大丈夫ですか」って。そのころ僕は結婚して子どももいたので「あなたに合う役が来たらお願いするけれど、うちの事務所は生活のために『これをやりなさい』などは一切しない。それでも大丈夫ですか?」と。僕はあまり深く考えずに「大丈夫です」。それで入れてもらったんです。

――岸部は30歳。樹木希林が34歳のときだった。この事務所での経験が俳優としての基礎をつくった。

 岸部一徳の「一徳」も、希林さんがつけてくれたんです。4歳しか違わないですが、希林さんはものすごく大人に見えました。

 晩年の希林さんは優しい人でしたけど、そのころは厳しい人だった。事務所の在り方も厳しくて「女優でも仕事の現場には一人で切符を買って、電車で行きなさい。そうやって世の中の仕組みも知らなければいけない」という事務所でした。

 それに希林さんは直接、何も言わない人なんです。「芝居はこうだ」とかも一切なしで、僕は希林さんやほかの人たちがどういう仕事をしているかを、ただ見ているだけ。それでもあの事務所での経験が俳優としての生き方も含めて、いまの僕の基本にありますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい