ミッツ・マングローブ「ドタキャンで気づくジュリー不足事情」

アイドルを性せ!

ミッツ・マングローブ

2018/11/14 16:00

 今回の騒動を取り上げたメディアの中には「往年のスターの凋落」的な文脈で事を煽りたかった人たちもいたかと思います。しかしそれは、単にジュリーがテレビという大衆メディアに姿を敢えて晒さなくなった『スタンスの変化』を、勝手に『凋落』だの『消えた』だのと履き違えていただけ。ジュリーの人気が落ちた事実など今の今までないのです。もちろんCDの売り上げは以前に比べれば少なくなっていますし、目立ったヒット曲も20年ほどありません。それでもジュリーのポジションというのは、たとえジュリーを「懐かしい」と思う人の中ですらも、いっさい変わっていない。そしてそのことにほとんどの人が無自覚でした。しかしながら、今回の騒動によって、世間は期せずしてそれに気づかされる運びとなったわけです。

 私たちは今、改めてジュリーへ想いを馳せ、ジュリーをリアルタイムで消費できる悦びを噛み締めている気がします。かつては日本中のお茶の間に充満していたはずのジュリー。だけど寝たふりしてる間に出て行っちゃったのはジュリーの方で、いつの間にか私たちもジュリーの不在に対して無自覚になっていました。

 取材に応じる現在のジュリーを映すテレビに向かって、多くの人が「お帰りジュリー!」と心の中で叫んだはず。騒動以降CDの売れ行きも上がっているそうですし、ならば紅白復帰のタイミングは今年しかないでしょう! 奇しくも「ジュリー!」と絶叫していた樹木希林さんも先日他界されました。たとえ往年のヒット曲じゃなくても、見た目が全然違っていても、『唄うジュリー』を画面に映すことに意味がある。少なくともNHKは「打診したが断られた」という既成事実だけでも作るべきです。

週刊朝日  2018年11月16日号

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • ミッツ・マングローブ「無名の偶像。三億円事件の顔」
    筆者の顔写真

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「無名の偶像。三億円事件の顔」

    週刊朝日

    6/9

    沢田研二の元“追っかけ”が語る永遠のジュリー愛

    沢田研二の元“追っかけ”が語る永遠のジュリー愛

    週刊朝日

    11/9

  • 「ジュリーの意地でドタキャンは横暴」「強気が裏目」芸能界から批判相次ぐ ファンの声は…

    「ジュリーの意地でドタキャンは横暴」「強気が裏目」芸能界から批判相次ぐ ファンの声は…

    dot.

    10/18

    沢田研二、音楽活動休止? ざわつくファン、沈黙貫くジュリーのダンディズム

    沢田研二、音楽活動休止? ざわつくファン、沈黙貫くジュリーのダンディズム

    週刊朝日

    11/26

  • ユーミンも震えた…タイガース・沢田研二の人気をラジオマンが語る
    筆者の顔写真

    延江浩

    ユーミンも震えた…タイガース・沢田研二の人気をラジオマンが語る

    週刊朝日

    12/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す