世界でいちばん「座りすぎ」! 日本人のがん、脳梗塞との関係は?

がん

2018/10/11 11:30

 TOO MUCH SITTING(座りすぎ)──。数年前から、世界中の健康科学分野をにぎわすようになったフレーズだ。文字どおり、座って過ごす時間が長すぎることを意味し、それによってさまざまな健康被害を引き起こすことが報告されている。

あわせて読みたい

  • ジムに通っても解消できない? 日本人の「座りすぎ」がヤバい!

    ジムに通っても解消できない? 日本人の「座りすぎ」がヤバい!

    週刊朝日

    10/11

    「座りすぎ」健康リスク、週末ジムでは相殺できない 「立って仕事をする工夫を」専門家が助言

    「座りすぎ」健康リスク、週末ジムでは相殺できない 「立って仕事をする工夫を」専門家が助言

    AERA

    2/11

  • 座り過ぎで死亡リスク40%上昇…がんをも招くメカニズムとは?

    座り過ぎで死亡リスク40%上昇…がんをも招くメカニズムとは?

    AERA

    4/4

    高血圧男性は立ちションより「座りション」がおすすめのワケ

    高血圧男性は立ちションより「座りション」がおすすめのワケ

    AERA

    12/21

  • 「透析患者は糖尿病治療をやめた人が多い」 合併症の怖さと検査で発見されにくい食後高血糖

    「透析患者は糖尿病治療をやめた人が多い」 合併症の怖さと検査で発見されにくい食後高血糖

    週刊朝日

    1/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す