東海林さだお築地ルポ 「最後の宴」に選んだ店は?

グルメ

2018/10/06 07:00

 居酒屋の牢名主的メニュー「銀ダラの西京焼き」も必ず切り身である。

 つまり、魚の全身丸ごとの姿は見ようと思っても見られないのだ。

 築地に行けば見られる。

 築地の和食の店「高はし」と「かとう」のメニューに、金目鯛の丸ごと煮、いさきの丸ごと焼きなどがあることを、ぼくはテレビのグルメ番組を見て知っていた。

 そうだ、築地最後の日のメニューとして丸ごとの魚を食べよう。

 この連載は「丸かじりシリーズ」でもある。

 築地へ行って丸ごとの魚を食べ、ビールの丸ビンを飲めば、三方丸く収まってメデタシメデタシということになるではないか。

 サヨナラ築地まであと15日という9月21日雨天決行。

 朝の11時半、築地到着。

 あいにくの雨にもかかわらず築地場内は人人人、傘傘傘、傘傘傘の下に人人人。

 ここに群れ集まっている人々の表情には独得のものがある。

 それは渋谷の109の前の人々の表情とも違い、丸の内あたりの人々とも違い、あの、ホラ、天使の頭の上に浮いているワッカがありますね、あのワッカが魚の絵に入れ替わってる図を想像してください。

 ここにいる人々全員の頭の上に魚のワッカ。みんな魚で浮かれているのです。

「和食かとう」は間口一間半。

 細長い箱型の店の両側にカウンターがあって16席。

 店内はほぼ満員でようやく入店。

 メニューを見てとにもかくにもまずレンコダイの煮付け(2000円)を注文。

 牡丹御膳という刺身盛り合わせもとる。マグロ、ブリ、ヒラメ、銀じゃけ、キビナゴが大皿に盛りつけてあって2500円。

 丸ごとレンコダイは大皿いっぱいの大魚で頭、しっぽ完備。威厳がある。

 大きな魚が煮付けられている全身像をようく鑑賞したのち、胸のあたりをホジらせていただいてゴハンを一口。

 積年の夢、今こそ。

 刺身の大皿に取りかかる。

 皿がデカい。タテヨコ30センチはある木の板に巨大な刺身が盛りつけてある。

 そう、巨大。巨大としか言いようがないほど刺身の一切れが部厚く大きい。居酒屋の刺身のおよそ5倍の容積。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 目にも涼やか。まだまだ知らない刺身の“あれこれ”

    目にも涼やか。まだまだ知らない刺身の“あれこれ”

    tenki.jp

    6/19

    魚のプロ御用達の「飲み屋」のレベルを超えた寿司…通い続けたい東京の名店

    魚のプロ御用達の「飲み屋」のレベルを超えた寿司…通い続けたい東京の名店

    週刊朝日

    5/11

  • GWは家族でゼイタクをして…“平成最後の小市民”が感じたこと
    筆者の顔写真

    山田清機

    GWは家族でゼイタクをして…“平成最後の小市民”が感じたこと

    週刊朝日

    5/27

    「捕鯨」には愛がある? 東海林さだおと“守る会”小泉武夫が「鯨」対談

    「捕鯨」には愛がある? 東海林さだおと“守る会”小泉武夫が「鯨」対談

    週刊朝日

    8/31

  • 本マグロ、ズワイガニ、金箔の恵方巻き、丸ごとイワシ巻も登場… 懸念される廃棄ロス対策とは?

    本マグロ、ズワイガニ、金箔の恵方巻き、丸ごとイワシ巻も登場… 懸念される廃棄ロス対策とは?

    週刊朝日

    1/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す