樋田容疑者が逮捕時、ウサギの入れ墨を手で隠して墓穴掘る (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

樋田容疑者が逮捕時、ウサギの入れ墨を手で隠して墓穴掘る

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
移送される樋田容疑者(c)朝日新聞社

移送される樋田容疑者(c)朝日新聞社

樋田容疑者が咄嗟に手で隠したウサギの入れ墨

樋田容疑者が咄嗟に手で隠したウサギの入れ墨

 かつて樋田容疑者と刑務所で一緒だった仲間はこう語る。

「警察嫌いだから、逮捕されるとなれば、暴れる。それが樋田ですよ。往生際が悪いというか、自分から名前など言う奴じゃない。山口県まで逃げていたというからかなりの覚悟だったんでしょうね。あちらには友人などいないはずです」

 樋田容疑者の逮捕を受け、広田耕一・府警本部長が30日未明に異例の会見を開いた。

「約1カ月半にわたり地域住民、府民、全国の皆様に大変なご心配とご不安をおかけし、改めて深くおわびします」

 と頭を下げたが、府警の捜査関係者がこう嘆く。

「台風の最中に逮捕されてもう大変ですわ。逃げた直後に盗んだ自転車で山口まで行っていたなんて捜査が甘いと言われても仕方ない。樋田容疑者の身柄を山口から大阪に護送する際は慎重に慎重を重ね、『とにかく逃げられたらあかんぞ』と皆で祈るように注意し合った」

 黙秘している樋田容疑者の口から1カ月半に及んだ逃走劇が語られる日は来るのか。(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい