安室奈美恵引退でわかった ウチナーンチュの誇り (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安室奈美恵引退でわかった ウチナーンチュの誇り

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日

タワーレコード渋谷店にはウチナーンチュのメッセージも(同店提供)

タワーレコード渋谷店にはウチナーンチュのメッセージも(同店提供)

<安室ちゃん うちなー なんばー1><沖縄の誇りです!! ずっとずっと応援しています!>

 大手レコード店「タワーレコード」渋谷店の店頭のメッセージボードには、引退が近づいた歌手の安室奈美恵(40)に対する来店客の書き込みが目立った。そんな声に呼応するように、安室も、ウチナーンチュ(沖縄の人)としての気持ちがぐっと高まってきているようだ。

【画像】飲んでミスティオ。懐かしすぎる安室奈美恵の広告

 25年間の軌跡をたどる展覧会「namie amuro Final Space」は東京、大阪、福岡に加え、沖縄でも開催。企画に携わった日本テレビ事業局の依田謙一プロデューサーは、当初のプランに沖縄はなかったと明かす。

「沖縄からも『やりたい』という声をもらい、スケジュール的に難しいとは思ったのですが、事務所に相談したところ、『開催できればうれしい』と返事があり急きょ準備しました。沖縄でのテーマは『里帰り』。紅白歌合戦の衣装など象徴的なものを置き、喜んでいただいてます」

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が8月8日に死去した際には、安室は公式ウェブサイトでこうコメントした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい