渋滞20キロが羨ましい? 一之輔が帰省して感じた一抹の寂しさ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渋滞20キロが羨ましい? 一之輔が帰省して感じた一抹の寂しさ

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。「週刊朝日」の連載をまとめた、初エッセイ集『いちのすけのまくら』(朝日新聞出版刊行、1500円+税)が、絶賛発売中です!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。「週刊朝日」の連載をまとめた、初エッセイ集『いちのすけのまくら』(朝日新聞出版刊行、1500円+税)が、絶賛発売中です!

一之輔氏の帰省の思い出は…(※写真はイメージ)

一之輔氏の帰省の思い出は…(※写真はイメージ)

 これで終わりかと思ったら、母は今更しょうが焼きを出してきた。「そんなに食えるかよ」と言ったら「じゃお母さんがちょこっと食べよう」だそうな。自分が食べたいとき、必ず他人を誘う母。独りで食べることに罪悪感があるらしい。

「アイスがあるよ」「いらないよ」「スイカあるけど」「食べられないよ」「カキモチは?」「明日食べます……」「チョコパイ食べる?」「しりとりかよっ!! しかも飯食ったあとにチョコパイって! いちいち聞かずに勝手に食ってくれっ!」「でも、お母さん独りで食べちゃ悪いから」。しょんぼりしやがって……。「じゃあ、俺もチョコパイ半分だけ食うかな」。完敗だ。インスタントコーヒーで半分のチョコパイを流し込み、もうちょっと親父と酒でも飲もうかと思ったらお爺ちゃんは孫と風呂に入り寝てしまったらしい。

 ソファに寝転がり膨れた腹をさすりながら、建て増しする前の実家の間取りを思い出そうとしても、なんだかやけに時間がかかる。実家にいた頃はこのソファもまだなかった。その代わり、今はもう自分専用の箸がない。「どれでもいいからお使いよ」。これは意外とさびしいものだ。正月には自分で箸を持参して、実家に置いておこうか。

週刊朝日  2018年9月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。この連載をまとめた最新エッセイ集『まくらが来りて笛を吹く』が、絶賛発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい