花火で経済効果40億円 熱海が若者も集まる人気スポットに復活! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

花火で経済効果40億円 熱海が若者も集まる人気スポットに復活!

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木裕也週刊朝日

三方を山に囲まれているので、音が響くのが売り。大空中ナイアガラなど1日5000発の花火が夜空を彩る。夏季は8月8、19、24、30日。秋季は9月17日、冬季は12月9、16日に開催予定(写真/大野洋介・写真部)

三方を山に囲まれているので、音が響くのが売り。大空中ナイアガラなど1日5000発の花火が夜空を彩る。夏季は8月8、19、24、30日。秋季は9月17日、冬季は12月9、16日に開催予定(写真/大野洋介・写真部)

「特等席」には早くから場所取りの若者たち(写真/大野洋介・写真部)

「特等席」には早くから場所取りの若者たち(写真/大野洋介・写真部)

街のあちこちに花火PRの仕掛けがある(写真/大野洋介・写真部)

街のあちこちに花火PRの仕掛けがある(写真/大野洋介・写真部)

温泉まんじゅうも「カワイイ!」と人気(写真/大野洋介・写真部)

温泉まんじゅうも「カワイイ!」と人気(写真/大野洋介・写真部)

 2万6千人──。翌日に台風上陸が予想されていた7月27日、わずか30分間の「熱海名物」に集まった人数だ。一時期、観光業が落ち込んでいた熱海が今、若者も集まる人気スポットになっている。起爆剤となったのが通年開催の花火大会だ。

【写真特集】熱海を蘇らせた美しい花火をフォトギャラリーで紹介!

 熱海が活気を取り戻している。まさに「V字回復」の只中だ。

 どん底は2011年。バブル期に年間440万人いた宿泊客数が250万人弱に落ち込み、多くの旅館が廃業した。しかし、15年には300万人に回復し、さらに勢いは増している。

 16年には駅ビルをリニューアル、官民一体の施策が成功要因だが、「花火鑑賞がきっかけになり、リピーターが増えた。春夏秋冬、一年中楽しめるのも強み」(熱海温泉ホテル旅館協同組合)。

 若い観光客も増えている。人気の熱海プリンの店に行列していた都内の女子大生は「熱海って、レトロでカワイイ。インスタ映えする」と言うが、熱海に来た理由は「もちろん花火見物!」。

 文字通り、熱海復活の「火」をつけ、「花」開かせている。(文/本誌・鈴木裕也)

週刊朝日  2018年8月17-24日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい