「がんの見落とし」「強引に勧められる治療法」 医師の困った対応にどうする!?

ヘルス

2018/08/23 07:00

 がんと告知された患者は、ただでさえ冷静に説明を聞くことが難しい心理状況なのに、かぎられた診察時間で、医師と適切にコミュニケーションをとることはさらに難しいことといえるでしょう。ここでは、「がんだったのに、見落とされていた」「一つの治療法だけ強引に勧めてくる」について、日本医療コーディネーター協会代表理事・嵯峨崎泰子さん、聖路加国際病院相談支援センター医療連携室・がん相談支援室アシスタントナースマネジャー橋本久美子看護師に回答してもらった内容を紹介します。

あわせて読みたい

  • がん患者によくある悩み「医師を指名できる?」 専門家が教えるその方法とは

    がん患者によくある悩み「医師を指名できる?」 専門家が教えるその方法とは

    週刊朝日

    8/26

    感情的になって「主治医とケンカしてしまった!」 どうしたら担当医は変えてもらえる!?

    感情的になって「主治医とケンカしてしまった!」 どうしたら担当医は変えてもらえる!?

    週刊朝日

    8/25

  • 「高額な治療かどうか、医師に聞いていい?」 患者の素朴な悩みを医師が答えた!

    「高額な治療かどうか、医師に聞いていい?」 患者の素朴な悩みを医師が答えた!

    週刊朝日

    8/24

    「医師に質問しても機嫌を損ねない?」 がん患者が困る医師との関係

    「医師に質問しても機嫌を損ねない?」 がん患者が困る医師との関係

    週刊朝日

    8/22

  • 「主治医が忙しそうで質問できない…」 がん患者が困ったときに相談できる場所とは?

    「主治医が忙しそうで質問できない…」 がん患者が困ったときに相談できる場所とは?

    週刊朝日

    11/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す