松岡昌宏に5年越しのラブコール 草笛光子が明かす

2018/08/20 11:30

 孤独とどう向き合っていくか──。ライフワークである舞台「6週間のダンスレッスン」を通して草笛光子さんは、そんな、人間にとっての永遠のテーマを追求している。草笛さんのもとに、この二人芝居の脚本が届いたのは、2005年のことだった。

あわせて読みたい

  • 「守りに入りたくない」草笛光子 その脅威の若さの秘密とは?

    「守りに入りたくない」草笛光子 その脅威の若さの秘密とは?

    週刊朝日

    1/14

    真田丸の“ゴッドマザー”が「私も死にたくなかった(笑)」

    真田丸の“ゴッドマザー”が「私も死にたくなかった(笑)」

    週刊朝日

    8/21

  • 【追悼】宝田明さん“スタア”の生き様 草笛光子「最後まで戦ってパッと散った」

    【追悼】宝田明さん“スタア”の生き様 草笛光子「最後まで戦ってパッと散った」

    週刊朝日

    3/31

    永六輔さん3回忌 草笛光子さんらが“お宝写真”から名女優とともに振り返る軌跡

    永六輔さん3回忌 草笛光子さんらが“お宝写真”から名女優とともに振り返る軌跡

    週刊朝日

    7/30

  • 淡路恵子さん死去 墓場まで持っていった「あの話」

    淡路恵子さん死去 墓場まで持っていった「あの話」

    週刊朝日

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す