希少価値高い日本ワインが大人気 国際映画賞受賞「ウスケボーイズ」でブームに拍車 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

希少価値高い日本ワインが大人気 国際映画賞受賞「ウスケボーイズ」でブームに拍車

田中将介週刊朝日
シャトー・メルシャンでチーフ・ワインメーカーを務める安蔵光弘氏(メルシャン提供)

シャトー・メルシャンでチーフ・ワインメーカーを務める安蔵光弘氏(メルシャン提供)

映画「ウスケボーイズ」(10月20日より上映)のモデルとなった「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー」(メルシャン提供)

映画「ウスケボーイズ」(10月20日より上映)のモデルとなった「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー」(メルシャン提供)

「日本ワインの特徴は、優しい口当たりです。今回金賞を受賞した桔梗ヶ原メルロー14年は、フレッシュな酸が残って優しい味になっています。ブドウ造りからこだわり、品質を維持しています」

 しかし、生産には苦労もあった。

「2016年は今でも忘れられません。夏の天候が理想的で、皆で、『これはビッグヴィンテージになるぞ』と話していました。その期待は一転、台風が3つ発生し、全て上陸してしまったのです。ブドウは大きなダメージを受けました。ブドウの選果を徹底的に行い、なんとか乗り越えましたが、例年の2倍は働いたにも関わらず、評価は働いたほどではなかったです(笑)」

「満足できないものは出せない」というプレッシャーと闘いながら、毎日、ブドウと向き合ってきた安蔵氏。シャトー・メルシャンは「日本らしい味わい」と海外からも高く評価されている。

「桔梗ヶ原メルローは、外国の高級ワインと同じ方向を向いていません。我々がそうしたワインとそっくりなものをつくったら、日本ワインの意味がありません」

 シャトー・メルシャンはこの秋に新しくワイナリーをオープン予定、さらに来年秋にももう1つワイナリーを設立する。

「今は、全体の5%、つまり20本に1本しかなく、『日本ワインを飲んだことがない』と耳にすることもあります。一度飲んでもらえば、リピーターになってもらう自信はありますが、さらに、日本ならではの味を追求し、完成度を追い求めていきます」

 東京五輪に向けて、「もっと美味しいワインを作れるように頑張りたい」と安蔵氏。人気がますます増えていく「日本ワイン」から目が離せない。(本誌・田中将介)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい