「死はもう怖くない」津川雅彦が車椅子、鼻チューブ姿で語った覚悟 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「死はもう怖くない」津川雅彦が車椅子、鼻チューブ姿で語った覚悟

このエントリーをはてなブックマークに追加
鎌田倫子週刊朝日#お悔やみ

死の2カ月半前に、本誌独占インタビューに応じた津川雅彦さん。「死はもう怖くはありません」(撮影・加藤夏子)

死の2カ月半前に、本誌独占インタビューに応じた津川雅彦さん。「死はもう怖くはありません」(撮影・加藤夏子)

津川雅彦さん(撮影・加藤夏子)

津川雅彦さん(撮影・加藤夏子)

 4日に心不全で亡くなっていた俳優の津川雅彦さん。そのわずか2か月半前、本誌の独占取材に応じ、体調が万全ではない中で、2時間近くに渡り、自分の人生について饒舌に語った。

【写真】独占インタビューに応じる津川雅彦さん

 津川さんへの取材が行われたのは5月中旬の都内。俳優人生を振り返ってもらうインタビューだった。その1か月前には妻で女優の朝丘雪路さん(享年82)を亡くしたばかり。本人も体調不良のため、一度は取材を延期していた。

 この日の取材には車いすに乗って、鼻には酸素吸入のチューブをつけて登場。声がかすれるためか、何度もコップの水を口にしながらも丁寧に質問に応じた。

 津川さんが自分の人生を語る上で、欠かせないのが俳優で兄の長門裕之さんの存在。兄の演技力の高さは手放しで褒めた。

「天才ですね。兄がいなかったら、僕の人生はまったく違ったものになっていたでしょう」

 一方で、兄弟はいい意味でのライバルだったとも。

「世間からは、兄は芝居がうまいが、弟は顔がいいだけのド大根、ってののしられてね。しかし、まねしようのがない兄の個性ある役者っぷりがあったからこそ、僕も自分のやり方を探し続けることができた」

 二枚目俳優からの脱却は、『必殺仕事人シリーズ』で敵役を演じたことがきっかけだと明かした。

「二枚目だと最初から最後まで変われないけど、悪いヤツってのは最初に好感を持たせておいて、後で裏切る。公衆トイレで、掃除のおばちゃんに『こいつは嫌なヤツなんよ』って言われたことも。役者冥利に尽きますね」

 脚本家のジェームス三木、映画監督の伊丹十三、作家の渡辺淳一など大御所にかわいがられて、映画「マルサの女」NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」などの代表作を残した。

「僕は兄と違って不器用なんですが、新派の花柳章太郎先生が、不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。伊丹、渡辺、ジェームスの御三方は、そういう不器用な津川雅彦を気に入ってくれたのかもしれない」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい