日本の対戦相手は「塞内牙」「波蘭」… W杯出場32カ国、漢字もこんなに強そうだった!

2018/06/23 07:00

 メキシコがドイツを撃破! ブラジルがまさかのドロー! そして日本の金星発進! W杯1次リーグの初戦から、今後の混戦を予感させるような試合に沸くロシア大会。今回のW杯、日本とともに熱戦を繰り広げる出場国の名前を漢字にしてみると……いずれも難読の強豪国ばかり! 日本では“当て字”とされている、身近にありながら、普段はあまり意識せずに使っている言葉。この背景を、『漱石と朝日新聞』(朝日新聞出版)などの著作を持つ、大東文化大学准教授・中国学博士の山口謠司さんに聞きました。

あわせて読みたい

  • 「武蔵」の蔵を「さし」と読むのはなぜ? その強引な理由

    「武蔵」の蔵を「さし」と読むのはなぜ? その強引な理由

    dot.

    12/29

    無理矢理感たっぷりの、北海道の難読地名。アイヌ語由来の地名に、この漢字をあてるのか !!

    無理矢理感たっぷりの、北海道の難読地名。アイヌ語由来の地名に、この漢字をあてるのか !!

    tenki.jp

    4/11

  • 知れば知るほど納得 日本語のもつ「奥深さ」とは

    知れば知るほど納得 日本語のもつ「奥深さ」とは

    BOOKSTAND

    6/18

    日経新聞の名物コラムを書籍化! 漢字学の第一人者が綴る、漢字や四字熟語にまつわる逸話161篇

    日経新聞の名物コラムを書籍化! 漢字学の第一人者が綴る、漢字や四字熟語にまつわる逸話161篇

    BOOKSTAND

    10/7

  • 日大アメフト部前監督が読み間違えた「関西学院大」 ほかにもあった間違えやすい大学名

    日大アメフト部前監督が読み間違えた「関西学院大」 ほかにもあった間違えやすい大学名

    dot.

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す