滝沢&三宅の「ケンタッキー」!? ジャニーズの新しい道とは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

滝沢&三宅の「ケンタッキー」!? ジャニーズの新しい道とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日

異色ユニットはジャニーズの新しい道(※写真はイメージ)

異色ユニットはジャニーズの新しい道(※写真はイメージ)

 V6の三宅健と滝沢秀明による新ユニット「KEN ☆ Tackey」が、7月18日にシングル「逆転ラバーズ」でCDデビューすることが、滝沢の主演舞台「滝沢歌舞伎2018」の千穐楽に発表された。

 三宅は、同舞台には一昨年の公演から出演。“ケン”と“タッキー”で「ケンタッキー」という語呂の良さから、同年にはケンタッキーフライドチキンのCMに起用されたこともある。「King & Prince」の大先輩だが、ジャニーズに詳しい編集者は、「2人とも、実年齢よりかなり若々しく、並んだとき、すごくきれいで収まりがいいんです」と評する。

「真面目なタッキーと、先輩であり根っから明るい三宅くん。舞台の共演は、性質の異なる2人でどうなるのかと思いましたが、掛け合いも初年度からとても自然でした」

 今回のように、グループの垣根を越えたジャニーズのコンビには、過去にもKAT−TUN亀梨和也と山下智久の「修二と彰」「亀と山P」、KinKi Kids堂本剛とTOKIO国分太一の「トラジ・ハイジ」などがあり、いずれもヒットしてきた。

「グループ内や仲良し同士のユニットよりも、少し距離のある組み合わせが生みだす緊張感を好むファンも少なくないと思います」(同)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加