「若大将」のマドンナ・星由里子さん死去 がん死亡率No.1「肺がん」の最も安全な手術法とは

ヘルス

2018/05/18 14:33

 1960年代、映画「若大将」シリーズで主演の加山雄三さんの恋人を演じ、アイドルとして人気を博した星由里子さん。日本テレビ系「2時のワイドショー」の司会を務め、NHK連続テレビ小説「あぐり」ほか上品な姑役を演じ「あんなお母さんがほしい」と誰もが思った女優が、心房細動と肺がんで死去した(享年74歳)。がん死亡率No.1の肺がんだが、最も安全な手術法があるという。

あわせて読みたい

  • 【肺がん手術】どこまで切る? 最近はより小さく切除する病院も

    【肺がん手術】どこまで切る? 最近はより小さく切除する病院も

    dot.

    3/20

    【肺がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「肺をいかに残すか」

    【肺がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「肺をいかに残すか」

    dot.

    3/13

  • 肺がん手術 早期のがんは手術で根治が期待

    肺がん手術 早期のがんは手術で根治が期待

    週刊朝日

    8/31

    河村隆一が患った「肺腺がん」は、かつて中村獅童も… 根治を目指すための手術方法とは?

    河村隆一が患った「肺腺がん」は、かつて中村獅童も… 根治を目指すための手術方法とは?

    週刊朝日

    1/13

  • 死亡率の高い肺がん いま注目されているのは「放射線治療」

    死亡率の高い肺がん いま注目されているのは「放射線治療」

    週刊朝日

    6/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す