事務次官就任はさすがに無理? 柳瀬氏への愛媛県知事の逆襲 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

事務次官就任はさすがに無理? 柳瀬氏への愛媛県知事の逆襲

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之,亀井洋志週刊朝日#加計学園#安倍政権

会見して柳瀬答弁に異を唱えた中村時広愛媛県知事(c)朝日新聞社

会見して柳瀬答弁に異を唱えた中村時広愛媛県知事(c)朝日新聞社

 虚偽答弁は、すぐにほころびが出た。5月10日、衆参両院で開かれた予算委員会で参考人として出席した柳瀬唯夫元首相秘書官は、加計学園の関係者と面会したことは認めながら、愛媛県や今治市の職員と「会った記憶はない」と繰り返した。

 だが、翌日には愛媛県の中村時広知事が2015年4月2日の首相官邸での面会で、職員が交換した柳瀬氏の名刺を公開する逆襲に出た。

「柳瀬氏の話はデタラメばかり。名刺交換を終えると、彼は『なかなか忙しくて』と言いながら、こちらが質問する間もなく、『首相案件』の文書にある話をまくし立てた。加計学園だけでなく、県もメインテーブルにつき、あらかじめ用意した質問を何とかしました」(愛媛県関係者)

 何より驚いたのは、計3回も官邸で加計学園側と面会したという事実だ。それでも、安倍首相から指示されたこともなければ、報告したこともない、と柳瀬氏は強弁した。

 柳瀬氏の答弁から、面会した加計学園関係者の一人は、元東大教授で現・岡山理科大獣医学部長の吉川泰弘氏とされる。政治ジャーナリストの角谷浩一氏がポイントに挙げるのは、「吉川先生と会ったのは、3月か4月か、必ずしもクリアではない」など柳瀬氏の答弁の曖昧さだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい