「一般入試」は古い? 大学AO入試で“大逆転”を目指す方法

大学入試

2018/05/09 07:00

 いま大学入試が大きく変わろうとしている。志望理由書や面接などで合否を決める「AO入試」や「自己推薦入試」が増えているのだ。ペーパー試験が苦手でも、難関私大や国立大に合格できる“大逆転”も夢じゃない。

あわせて読みたい

  • 早稲田AO・推薦「一般と比率逆転」方針 慶應も大幅増へ 変わる難関私大入試の今

    早稲田AO・推薦「一般と比率逆転」方針 慶應も大幅増へ 変わる難関私大入試の今

    AERA

    5/23

    私大の定員厳格化でAO・推薦枠が増えるカラクリ

    私大の定員厳格化でAO・推薦枠が増えるカラクリ

    AERA

    11/1

  • “あほでもOK”は古い 増加するAO・推薦入試に“個性”で対応

    “あほでもOK”は古い 増加するAO・推薦入試に“個性”で対応

    週刊朝日

    4/17

    「定員の3割」国立大にAO・推薦で入る時代に? 合格者の共通点は“とがった個性”

    「定員の3割」国立大にAO・推薦で入る時代に? 合格者の共通点は“とがった個性”

    AERA

    5/22

  • 定員厳格化も合格者増の見込み ずばり狙い目の大学は?

    定員厳格化も合格者増の見込み ずばり狙い目の大学は?

    週刊朝日

    11/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す