「帯状疱疹」の症状が治まったはずなのに… 専門医が語る慢性的な神経痛の怖さ

ヘルス

2018/05/13 07:00

 体内に潜んだ水ぼうそうのウイルスが、患者の免疫力低下により再活性化して発症する帯状疱疹。典型的な症状は、からだの片側に帯状に出る、痛みを伴う赤い疱疹(小さな水ぶくれの集まり)であり、対応を誤ると、つらい神経痛に長く苦しめられる恐れがある。帯状疱疹が疑われる場合、どうしたらよいか、予防法はあるかなど、皮膚科専門医に聞いた。

あわせて読みたい

  • 「ストレスの春」は要注意 からだの片側の痛みは「帯状疱疹」かも?

    「ストレスの春」は要注意 からだの片側の痛みは「帯状疱疹」かも?

    週刊朝日

    5/12

    ズキズキ痛い「帯状疱疹」 女性に多く、痛みが十年以上続くことも!?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    ズキズキ痛い「帯状疱疹」 女性に多く、痛みが十年以上続くことも!?

    dot.

    6/6

  • ピリピリ痛い、水ぶくれは帯状疱疹?「水ぼうそう」にかかったことのある人は要注意

    ピリピリ痛い、水ぶくれは帯状疱疹?「水ぼうそう」にかかったことのある人は要注意

    dot.

    7/20

    実はワクチンで予防可能だった!3人に1人が80歳までにかかる「帯状疱疹」の実態とは

    実はワクチンで予防可能だった!3人に1人が80歳までにかかる「帯状疱疹」の実態とは

    dot.

    7/26

  • モデルナアームは9割が女性 コロナワクチンで起きうる皮膚の副反応を皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    モデルナアームは9割が女性 コロナワクチンで起きうる皮膚の副反応を皮膚科医が解説

    dot.

    10/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す