すい臓がんのステージ4の経済学者・石弘光さん「がんを冷静に分析してみよう」

がん

2018/04/21 07:00

 小泉純一郎政権で政府税制調査会会長を務めた一橋大学名誉教授の石弘光さん(80)は、2016年6月にすい臓がんのステージ4Bとわかった。すい臓がんは、プロ野球の星野仙一さんらと同じ難敵だ。だが、囲碁などの趣味を楽しみ、自らのがんを経済のように分析する。石さんに、元国立がんセンター総長の垣添忠生・日本対がん協会会長が聞いた。

あわせて読みたい

  • がん再々発の女優・古村比呂さん「闘う気力がなくなった」 がんとともに歩む生き方

    がん再々発の女優・古村比呂さん「闘う気力がなくなった」 がんとともに歩む生き方

    週刊朝日

    5/31

    がんで余命3カ月宣告の映画作家・大林宣彦「肺がんと聞いてうれしくて」

    がんで余命3カ月宣告の映画作家・大林宣彦「肺がんと聞いてうれしくて」

    dot.

    3/13

  • 5年生存率1.4%、残された手段は抗がん剤治療のみ… それでも「がんと共存」する
    筆者の顔写真

    石弘光

    5年生存率1.4%、残された手段は抗がん剤治療のみ… それでも「がんと共存」する

    週刊朝日

    6/26

    発見が難しい「すい臓がん」 2年向き合ってわかった、末期がんとの共存の仕方
    筆者の顔写真

    石弘光

    発見が難しい「すい臓がん」 2年向き合ってわかった、末期がんとの共存の仕方

    週刊朝日

    7/3

  • 妻をがんで亡くし自身も… 元国立がんセンター総長が患者を支援する理由

    妻をがんで亡くし自身も… 元国立がんセンター総長が患者を支援する理由

    dot.

    9/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す