基本治療が効かない「気管支喘息」の新たな治療法とは?

ヘルス

2018/03/31 07:00

 喘息患者にとって生活の質を落とす大きな要因となる喘息発作。薬でコントロールできない難治性の喘息に対し、内視鏡を用いて気管支を温め症状を抑える治療法がスタート。導入施設は全国に広がっている。

あわせて読みたい

  • 気管支喘息 新タイプの加熱治療登場で減ステロイドへ

    気管支喘息 新タイプの加熱治療登場で減ステロイドへ

    週刊朝日

    10/20

    重症ぜんそく患者に朗報「気管支サーモプラスティ」で発作回数も減少

    重症ぜんそく患者に朗報「気管支サーモプラスティ」で発作回数も減少

    AERA

    3/13

  • 花粉症があると「ぜんそく」が悪化? ぜんそく患者の7割がアレルギー性鼻炎を合併

    花粉症があると「ぜんそく」が悪化? ぜんそく患者の7割がアレルギー性鼻炎を合併

    dot.

    12/12

    年間1700人が死亡…気管支喘息のさまざまな治療法

    年間1700人が死亡…気管支喘息のさまざまな治療法

    週刊朝日

    8/29

  • 「喘息は慢性疾患 治ったと思っても気管の炎症は消えない」と呼吸器科医師

    「喘息は慢性疾患 治ったと思っても気管の炎症は消えない」と呼吸器科医師

    週刊朝日

    7/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す