吉田類が認めた“いい店” 新宿「思い出横丁」の… 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉田類が認めた“いい店” 新宿「思い出横丁」の…

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
一通り焼き鳥やモツ焼きの店が軒を連ねる新宿西口「思い出横丁」で、うなぎの串焼き一筋70年。「一通り」は、えり焼(頭)、ひれ焼(尾)2本ずつ、きも焼、ひと口蒲焼、れば焼を1本ずつ提供。創業以来、継ぎ足しで作るタレはさっぱりとして飽きがこない。えり焼は頭の骨がカリッと香ばしく、ひれ焼は脂がのって中はふっくら。食べ比べるのが楽しい。1700円。税込み(撮影/倉田貴志)

一通り
焼き鳥やモツ焼きの店が軒を連ねる新宿西口「思い出横丁」で、うなぎの串焼き一筋70年。「一通り」は、えり焼(頭)、ひれ焼(尾)2本ずつ、きも焼、ひと口蒲焼、れば焼を1本ずつ提供。創業以来、継ぎ足しで作るタレはさっぱりとして飽きがこない。えり焼は頭の骨がカリッと香ばしく、ひれ焼は脂がのって中はふっくら。食べ比べるのが楽しい。1700円。税込み(撮影/倉田貴志)

カブト東京都新宿区西新宿1-2-11/営業・13:00~20:00/休日・日祝*予約不可(撮影/倉田貴志)

カブト
東京都新宿区西新宿1-2-11/営業・13:00~20:00/休日・日祝*予約不可(撮影/倉田貴志)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は酒場詩人・吉田類さんの「カブト」の「一通り」だ。

【写真】内観はこちら

*  *  *
 いままで数えきれないほど居酒屋を訪れましたが、僕なりのいい店の見分け方があります。外から中の様子を見ると、大衆的な雰囲気でお客さんがみんなくつろいでいる。そして活気が外まで伝わってくる。こんな居酒屋に、はずれはありません。

 新宿西口「思い出横丁」のど真ん中にある「カブト」もそんな店。最初に行ったのは、初代のご主人がまだ焼き場に立っていたずいぶん前のこと。戦後の闇市の風情が残る横丁の中でも、ひときわ活気があって、迷わずのれんをくぐりました。

 いつも決まって頼むのが「一通り」。うなぎの頭から尾っぽまで5種類の部位が食べ尽くせるちょっと贅沢な串コースです。カウンターのすぐ目の前で焼かれるうなぎは、炭火焼きならではの香ばしい苦みがたまらず、焼酎がすすみます。

 初めて行くカウンターの店は緊張気味になりがちですが、最初に目の前のご主人や隣のお客さんに軽く会釈する。それだけですっと店になじんで、お酒がさらにおいしくなりますよ。

(取材・文/今中るみこ)

「カブト」東京都新宿区西新宿1‐2‐11/営業時間:13:00~20:00/定休日:日祝*予約不可

週刊朝日 2018年2月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい