東大推薦入試は“定員割れ” 副学長「100人は採りたい」

京大

2018/02/16 07:00

 東大の推薦入試と京大の特色入試の合格発表が2月7日にあった。世界的なコンテストで優勝するような“スーパー合格者”が集まる超難関だ。有名進学校だけでなく地方の公立高校出身者もいて、両大学とも幅広く人材を集めようとしている。今年の結果から見えてきた特徴を見てみよう。

あわせて読みたい

  • 求めるのは“とがった”学生 東大・京大推薦入試の成果は?

    求めるのは“とがった”学生 東大・京大推薦入試の成果は?

    週刊朝日

    2/17

    東大合格トップは県立広島 国立推薦入試に公立高が強いワケ

    東大合格トップは県立広島 国立推薦入試に公立高が強いワケ

    週刊朝日

    2/20

  • 「定員の3割」国立大にAO・推薦で入る時代に? 合格者の共通点は“とがった個性”

    「定員の3割」国立大にAO・推薦で入る時代に? 合格者の共通点は“とがった個性”

    AERA

    5/22

    東大、京大へも公立高から! 合格者数増加にSSHの存在も

    東大、京大へも公立高から! 合格者数増加にSSHの存在も

    週刊朝日

    6/3

  • 大学受験で英語入試が変わる 「話す」も出来なきゃ受からない!? 来年は早大でも

    大学受験で英語入試が変わる 「話す」も出来なきゃ受からない!? 来年は早大でも

    週刊朝日

    2/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す