眞子さま結婚延期 小室さん母の元婚約者が力のない声で… (4/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

眞子さま結婚延期 小室さん母の元婚約者が力のない声で…

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子,亀井洋志,秦正理週刊朝日#皇室

婚約内定の記者会見で、お互いを「月と太陽」にたとえた眞子さまと小室圭さん(写真:日本雑誌協会代表)

婚約内定の記者会見で、お互いを「月と太陽」にたとえた眞子さまと小室圭さん(写真:日本雑誌協会代表)

 それから15年余、連絡も取っていない。しかし、眞子さまとの婚約報道で、「住む場所がない」と涙ながらに訴えていたはずの佳代さんが、当時から小室さんの父親が残したマンションに住んでいた、と知った。

 皇族女性の結婚相手とされる人物が、こうしたトラブルに巻き込まれた事例はそうないだろう。「なぜ事前に、トラブルを抱えていないかなどの〝身体検査〟をしなかったのか」という声も世間にはある。直近では、高円宮家の次女の典子さんと出雲大社の跡取りの千家国麿さんの結婚でも、そうした「調査」はなかった。宮内庁関係者が吐露する。

「これまでお相手となったのは鷹司家や近衛家といった旧五摂家や旧華族です。清子さんの夫の黒田慶樹さんは、旧華族ではないが学習院初等科時代から秋篠宮さまの親友。みな身元がはっきりしており、調査の必要がなかったのです」

 恋愛は当事者や両家のプライベート。子どもの自主性を尊重する秋篠宮家がそうした依頼を宮内庁にすることもなかったのだろう。

 眞子さまは、公表した文書を、「その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います」と結んだ。急ぎすぎたと自戒する眞子さまと小室さんの正念場だ。(本誌・永井貴子、亀井洋志、秦 正理)

週刊朝日2018年2月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加