「日本は典型的な社会主義国家」財政危機の原因を藤巻健史が指摘 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「日本は典型的な社会主義国家」財政危機の原因を藤巻健史が指摘

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務努めた。2013年7月の参院選で初当選。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務努めた。2013年7月の参院選で初当選。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)

藤巻氏が消費増税についての問題点を指摘(※写真はイメージ)

藤巻氏が消費増税についての問題点を指摘(※写真はイメージ)

 “伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、消費増税についての国の対応がおかしいと、問題点を指摘する。

*  *  *
 先の衆議院選の際、テレビ朝日の選挙特番に出演させて頂いた。当初なかなか討論に加われなかったが、番組が進み、経済が話題になって火がついた。

 党内議論がまだ終わっていないことまで持論を展開してしまった(個人的見解だと前置きしています)。すると、普段あまり人をほめない(?)田原総一朗さんが、えらくほめてくれた(笑)。「フジマキさんの意見は貴重だから、それをぜひ維新の政策にしなさいよ。『小さな政府、完全な自由競争』。そういう主張をする人、他にいないもん。存在感が出るよ」(注・私の考える完全な自由競争はセーフティーネット確立が大前提です。あしからず)

★   ★
 国の最大の仕事は国民の生命と財産を守ること。防衛、外交とともに財政こそが国政の最重点項目のはずだが、衆院選ではほとんど議論されなかった。

 ほんの少しだけ議論したのは、消費税を予定どおり上げるか凍結するか。しかし、「増税ありき」で考えてはいけないと思う。

 江戸時代、年貢の取り立てが厳しくなると農民一揆が起きたという。例えば、四公六民だったものを五公五民にすれば、農民の怒りが爆発した。現代でも同じだろう。経済成長の果実を国民と国がそれまでどおりに分配すればよいが、国が多く分捕れば、国民は怒る。

 経済規模が1.5倍になったとき、国の取り分の税収と国民の取り分ともいえる給料などがともに1.5倍に増えれば、国民は税負担が増えても不満を持たないだろう。収入もそれ相応に増えているからだ。

 日本はこの30年間で経済規模(=名目GDP)が1.5倍になった。税率を変えず、かつ累進性を調整していけば、税収も1.5倍になったはずだ。それに対し、歳出は2倍に膨らんでいる。だからこそ、1080兆円もの借金がたまった。 


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加