「何せ貴乃花、数字持ってますもんね」ナイツ・塙が“騒動”を分析 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「何せ貴乃花、数字持ってますもんね」ナイツ・塙が“騒動”を分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
塙宣之(はなわ・のぶゆき)/漫才コンビ・ナイツのボケ担当。1月31日、コンテンツリーグからDVD「ナイツ独演会 味のない氷だった」発売

塙宣之(はなわ・のぶゆき)/漫才コンビ・ナイツのボケ担当。1月31日、コンテンツリーグからDVD「ナイツ独演会 味のない氷だった」発売

 日馬富士による貴ノ岩殴打事件はいつの間にか貴乃花親方vs.相撲協会のバトルに変わり、白鵬までたたかれ、脅迫され、テレビは大混乱の様相。どんな決着が待っているのか。好角家で知られ、大関高安ら多くの力士とも交流の深いナイツの塙宣之さんに聞いた。

──テレビは大騒ぎです。

「これだけ騒がれるのを見ると、若貴フィーバーがまだ続いてるんだなって気がします。若貴フィーバーの頃の人たちが年をとって、今また楽しんでるんじゃないですか。何せ貴乃花、(視聴率の)数字持ってますもんね。よきにつけあしきにつけ、ワイドショーに出れば大人気です。何もしゃべんないのに、あの表情だけで話題作れちゃうなんて、武蔵丸に勝って鬼の顔した頃と変わんない人気でしょう。でも、そういうのを見ていて、相撲ファンのさもしいところは、おっ! また相撲だ!と面白がっちゃうところでしょうか。これでまた相撲が注目されちゃうよ~とか。登場人物もわかりやすいから、つい楽しんで見ちゃう」

──相撲協会への注文は?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい