相撲協会の聴取に応じる貴乃花親方の勝算とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

相撲協会の聴取に応じる貴乃花親方の勝算とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

貴乃花親方 (c)朝日新聞社

貴乃花親方 (c)朝日新聞社

時津風一門を離脱することが明らかになった、元関脇の寺尾として知られる錣山(しころやま)親方 (c)朝日新聞社

時津風一門を離脱することが明らかになった、元関脇の寺尾として知られる錣山(しころやま)親方 (c)朝日新聞社

 元横綱・日馬富士の貴ノ岩(貴乃花部屋)に対する暴行事件で、貴乃花親方(元横綱)が近く日本相撲協会の危機管理委員会から聴取を受けるという。

【時津風一門を離脱することが明らかになった錣山親方】

 貴乃花親方はこれまで協会に対し、強硬姿勢を見せていたが、19日に貴ノ岩を聴取に応じさせたのに続き、自らも聴取を受けると20日の臨時理事会で合意。

 ただ、貴乃花親方は弁護士など第三者を立ち会わせることも検討しているという。

 協会執行部派のある親方がこうぼやく。

「貴乃花親方の言動は困ったもんだ。調和がなく、自分勝手。協会の理事会で独自の報告書なんて出せとか言ってない。おそらくこのままでは来年の理事選にも影響が出そうなのでまずいと思い、言い訳のような報告書を勝手に作り、あたかもこれが真実だと言わんばかりに出してきた。八角理事長(元横綱・北勝海)も憮然としていた。これまで何度も協会が事情聴取したいと申し入れたので、こんなものを作る暇あれば、さっさと聴取に応じればいいのに……。報告書には、貴乃花親方の相撲道のような話も書いてあったが、処分受けるような立場で何を書いているんだと、クレームが理事らから出ていた。まあ、横審(横綱審議委員会)から『非難に値する』ときつく言われたので、貴乃花親方の処分は決定的ですよ。下手すりゃ、次の理事選は出れないだろう」

 だが、執行部派から貴乃花親方への不満が渦巻く中、角界に激震が走った。

 元関脇の寺尾として知られる大相撲の錣山(しころやま)親方が所属していた時津風一門を離脱することがこのほど、明らかになった。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい